2015年07月30日

現実の厳しさと、そうであるけど上を向いて

今泉です。
一月ぶりの更新になってしまいました(汗)
気まぐれブログで申し訳ありませんが、今後も続けていきますので皆様よろしくお願いいたします。

正式にプロ棋士になって、四ヶ月がたちました。
普及のお仕事では、自分の個性を生かして楽しく顔晴れました。
対局もこんな感じでうまくいくと、信じてやまなかったのですが。
ここまで、4勝5敗と厳しい現実を実感しています。

「もっとやれるはず」

当然そう思っていました。
しかし、現実は負け越し。
自分のプロ棋士としての立ち位置はまだはっきり弱い。
そういうことだと思います。
7月はかなり落ち込みもあり、自分に負けそうな不安定な気持ちを持って過ごしていましたが、
色んな方からの励ましで、自分を取り戻しています。

今を認め、そうであるけど上を向いて。
起こること全てに意味はある。
だから、これも向上への過程に必要なこと。
いい捉え方をするか、悪い捉え方をするかで、人生は大いに変わると思っています(^-^)

つい一昨日の夜、私が大好きなアーティストおかんのDAIちゃんが、
「昨日までの俺はパーフェクト」
と自分を認めることにより、自分を高めている話をしてくれて、
これはいいなと思いました。
「あの日があったから今がある」
毎日がそれの連続。
常に前を向いて。
諦めたら終わりです。
諦めず、時間を大切に日々顔晴ります(^^)v

いつも応援して下さってありがとうございます。
8月も、対局があります。
しっかり準備して挑みます!!!

☆昨年7月、朝日杯の公開対局に応援に来てくれた仲間の前で勝ち、プロ編入試験受験資格をゲットした日☆
FB_IMG_1438233523972.jpg

☆おかんのDAIちゃんと☆
FB_IMG_1438234190171.jpg

posted by 応援団長 at 11:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする