2015年09月22日

初講演と授賞式

今泉です(^-^)
今月は対局はないのですが(涙)イベントは目白押しで、楽しく過ごさせていただいています。
今回は初めての講演と授賞式の様子を書きたいと思います(^-^)

まず、初めての講演の様子を。
東京の郁文館で行わせていただきました。
郁文館は中高一環の学校で、これまでも「夢達人」として夢を叶えるプロセスを、沢山の有名人の方々が講演されています。
私でいいのかとちょっと恐縮しましたが、私にしか出来ない話もあると、自分を鼓舞して顔晴りました(^-^)
放課後での自由参加と伺っていたので参加者はどれくらいかな?五人くらいだったりして(^^;と思っていたら、200人以上集まっていただきびっくりしました。
皆様の貴重な時間の中、集まっていただき本当にありがとうございます。

自分の人生は、36歳まではつまらない人生だと本当に思っていました。
「つまらないな」と思っていたら本当につまらないことばかりでした。
36歳から働きだした介護という現場で、人生が大きく変わりました。

○自分一人では生きていけない、周りに支えられている
○感謝の心を忘れない
○笑いは更なる笑いを呼ぶ。怒りは更なる怒りを呼ぶ。
○人はいつ死ぬか本当にわからない。だから今を全力で楽しく生き抜いていこう。
○自分はついてるなと思っていたらついてることが起こる。逆もしかり。

などなど、介護という職場で学び、自分が棋士になるために足りなかった部分をこの職場が埋めてくれました。
自分の意識が変わることで、自分の少年からの夢を叶える事が出来ました。
そんな思いを、ありのままで全力で話させていただきました。
生徒の皆さんは真面目で、メモを取りながら一生懸命聴いていただきました。
講演終了後の質疑応答のコーナーでもたくさんの質問をいただいて、本当に嬉しかったです。
今後も、感謝と笑いを忘れず、日々を顔晴って行きます。
聴いてくれた生徒の皆様、お世話になった皆様ありがとうございます。
また、いい笑顔で会える日を楽しみにしています(^-^)
そして、この講演の話をもってきてくださった、郁文館理事長、渡邉美樹様にも、この場を借りて、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
FB_IMG_1442876343321.jpg
image.jpg
学校に展示してある夢達人歴代講演者様
image.jpg
image.jpg
そして、その足で将棋ペンクラブ大賞の授賞式へ行ってきました。
私の半生をほぼそのまま書いた
『介護士からプロ棋士へ  大器じゃないけど晩成しました』
を、優秀賞に選んでいただきました。
本当にありがとうございます。
編集の方に言われたのは、私の人生尖ってる部分が多いので、強調する部分をはっきりさせないと、平坦になってしまうとアドバイスをいただきました。
で、その結果7章のうち、1章から5章まではひたすら坂道を転がり落ちる流れ(笑)
そこから、V字回復するという流れになりました。
まあ、事実なんですけどね(^-^)
たくさんの方に読んでいただき、この度増刷も決まり、本当にありがたいと思います。ありがとうございます(^-^)
今後も自分のできることを全力で顔晴って行きます。
散々転がりまくった末、41歳にしてプロ棋士にならせていただいたということは、私にしか出来ない使命がきっとあると思っています。
対局、普及、講演など全力を尽くします。
今後もよろしくお願いいたします(^-^)

image.jpg昭和48年生まれのメンバーです。それぞれの分野で、顔晴っていきましようね(^-^)
DSC_0007.JPG
posted by 応援団長 at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする