2015年10月16日

王座戦と王位戦

今泉です。
今回は対局2局について書きたいと思います。
結果は連勝!
内容には課題は多いですが、よい結果を素直に喜んでいます(^-^)

まず王座戦、山本真也五段との一局。
対戦するのは約15年ぶり。
とても楽しみにしていたと同時に、序盤戦術に優れる難敵との戦いに緊張感もありました。
私は序盤センスに長けたタイプではないので、互角に終盤戦までもっていきたいと思っていました。

先手を引いたので、迷うことなく中飛車です!
プロ棋士になっても貴重な相棒として付き合っていく戦法に本局を託しました。
平穏に収まる可能性は低いと思っていましたが、想像以上に過激にうってでられます。

image.jpg
それが24手目の△54歩の局面。
ここは迷いました。
▲同歩も十分ありそうですが、乱戦に持ち込まれるのを嫌い▲46銀とやや妥協します。
ただ、▲46銀も味のよい一手。
それほど悪いとは思っていませんでした。

29手目▲37金。
金銀の力で押さえ込みを図る私に対して次の△57歩が問題の一手でした。
ここで単に△33桂馬なら後手も十分の局面でした。ここからしばらく進めた先に、先手玉を攻める手段があまりなかったのが山本さんの誤算だったようです。
ここから形勢が傾き、64手目の△79馬で必至はかかりましたが、プロ的には手続きの順で、以下は即詰みに討ち取ることができました。
(諸事情により、図面を2枚削除しました)
通算勝敗を白星一つ先行させることができて、とても嬉しかったです(^-^)

その勢いを持ち込んで2日後に伊奈祐介六段との一戦。
この将棋も感慨深いものが一瞬ありました。
お互い少年のころから戦っていて、知己の仲でもある伊奈君。
まさか(というのも変ですが(^^;)プロ棋士になって対戦できるとは。
駒を並べ対局が始まったときに一瞬ぐっときました。
まあ、ほんの一瞬ですけどね(^-^)

三社連合で棋譜が新聞にのるので詳しい解説はできませんが、お互いの持ち味がでた熱戦だったと今は思っています。
分れは少し苦しめだったと思います。
そんなときに、ある棋士の先生に言ってもらった一言を思い出しました。

「今泉健司の長所は辛抱が平気でできること。そして切り替えられること」

その言葉を思い出し、辛抱して切り替えられたことが、熱戦を制する要因になったと思います。
内容には課題だらけでしたが、結果がついてきたのが一番!
本当に嬉しかったです(^-^)

今後も対局は続きます。
しっかり準備して顔晴っていきます!
読んでいただいた皆様ありがとうございます。
今後も応援よろしくお願いいたします(^-^)
posted by 応援団長 at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

将棋合宿

更新がまたも滞ってしまいました(汗)
とても楽しい時間を過ごさせて頂いています(^-^)
今回は9月に鳥取で行われた将棋合宿について書きたいと思います。

シルバーウイークを利用して講師の牧野五段、指導棋士の久保四段と共に鳥取砂丘のすぐそばの宿で三日間、みっちり将棋の時間を過ごしてきました。
今回で七回目とのこと。
毎年沢山の生徒さんがこられています。
今回も世話役の方を含めると50人を越える一大イベントになっています。
とても楽しみにしていました。

まず、簡単な挨拶の後、生徒さんに今回の合宿の目標を語ってもらいました。
「上達のヒントを得たい」
「将棋で学んだ事を学業などに役立てたい」
「今泉先生に勝ちたい(^^;」
など様々な目標を笑顔で語る生徒さんを見て
、こちらも楽しい気持ちになりました。
昼食後に指導対局。
SからBまでランク別に分けられた生徒さん全員と指して、個々にアドバイスを送りました。
みんな素直に聞いてくれてとても嬉しかったです。
上達するための大切なキーワードは『素直』。
これは人生でも大事な部分と思います。
まず一旦受け入れて、それから自分の個性を出していってほしいですね。
将棋盤は様々な個性を受け入れてくれる素晴らしい空間ですからね(^-^)
その後、詰め将棋選手権。
これは私も生徒さんと共に参加。
DSC_0016.JPG
あんまり書きたくないのですが、引っかけ問題に見事に引っ掛かり、全体の中でも下の順位になってしまいました(涙)
まあ、これもいいネタですね(^-^)
その後は生徒さん同士の対局。
みんな対局中は顔付きが一変します。
この合宿の生徒さんから、将来の名人候補がでてくるかもしれません。
そんなダイヤの原石も見ることが出来ました。
皆さんの将来が本当に楽しみです。
夕食後はついたて将棋・トランプ将棋・京都将棋・どうぶつ将棋など様々な将棋を楽しみました。
これは盛り上がりましたね(^-^)
子供たちの笑顔満開でした。
私個人としては京都将棋が面白そうでした。
一手指したら駒の性能が変わってしまうというのは、とても楽しそうです。
最高ランクのSクラスの人たちとは、プロ棋士の投了図から、私たちに挑戦してもらいました。
投了図からといっても、そう簡単ではないところからの出題が多かったので、どれくらい勝てるのかなと思ったのですが、役半分の生徒さんが勝利を納めました。
みんななかなかやります。
盛りだくさんの1日目が終了。
DSC_0036-1553f.JPG
打ち上げを軽くスタッフさんと行い、こちらも楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございます(^-^)

2日目午前中は鳥取砂丘の散策を。
天気も最高、景色も最高、子供たちの笑顔も最高、私の気分も最高と最高づくしで本当に楽しかったです(≧∇≦)
image.jpg
DSC_0025.JPG
午後からはクラス別の軽い講義と生徒さんの対局。
その間は私たちは色紙を書いていました。
牧野五段は私のきまぐれな発言にいつも素直に応えてくれるとても素敵な人です。
今回も楽しい色紙を書いてもらいました(^-^)
DSC_0034-f8fa5.JPGDSC_0031.JPG
それからはペア将棋選手権。
優勝目指して私も参加しました。
ペア将棋は強弱とは別に息があうかが重要です。
私とコンビを組んでくれた子は息があっていたようで、準決勝まで行けたのですが、さらに息のあっていたチームに敗北。
残念ですがとても楽しかったです(^-^)DSC_0035-29bca.JPG
夜は局面指定戦を。
プロ棋士の旬の研究局面をテーマに思い思いの指してを披露してもらいました。
なかには「おっ!!!」と思うような指し手もありました。
自分の将棋に活かしたいと思います(^-^)

最終日は指導対局。
生徒さんの卒業検定と銘打っての真剣勝負。
勝って笑顔、負けて涙。
様々でしたが、勝った子はよく顔晴りました。
負けた子も、この結果が貴方を強くします。
全員に満点を贈りたいですね。
最後に記念撮影で終了。
最幸の時間を過ごさせていただきました。
生徒さん、世話役の皆様本当にありがとうございました。
また来年も是非参加できたらと思います。
今後もよろしくお願いいたします(^-^)
写真は楽しかった思い出の一部です(^-^)

DSC_0039.JPG
posted by 応援団長 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする